毎日の調理、疲れたときや時間のないときは、ちゃちゃっとおいしいご飯を作りたいですよね。そこで、ときどき利用している生活クラブ生協の「ビオサポ食材セット」。

カットされた野菜や、お肉・魚介類などが調味料と一緒にセットで入っていて、10分~15分ぐらいで出来てしまうミールキットのようなものです。

特徴は、国産原材料が8割以上で、入っている調味料などにも余計な食品添加物が使用されていないこと。また生活クラブ生協のポリシーで、遺伝子組み換え作物・食品は使われていません。なるべく体に安心なものを簡単に食べたい人には、最適です。

今回は、「豆腐団子の白だし煮」(調理時間10分)というのを作ってみました。お野菜が結構たくさん入っていました。自分で用意するのは、水(250㏄)だけ!お鍋に入れるだけでいいので、本当に簡単で、おいしいセットでしたよ。

しかも1袋(2人前)で、カロリーは315kcal!野菜たっぷりのお惣菜なので、ダイエットにも向いています。

時短調理セット「豆腐団子の白だし煮」の作り方、味、量、コスパは?

ビオサポ

セットの中には、カットされた白菜・人参・小松菜、ほぐしてあるシメジ、そして豆腐団子、白だし(白いパッケージ)、そしてレシピが入っています。もちろん野菜は、全て国産!遺伝子組み換えの食材は、入っていません。(GM対策済み)

野菜の袋は、手で簡単に開けられるものでしたが、豆腐団子は少し厳重なパッケージだったのでハサミを使いました。白菜・小松菜・しめじは、カットされていても新鮮ないい感じ。人参は、薄くカットしてあるからか少し乾いた感じがしたけれど、これは仕方ないですね。

白だしと水を入れて火にかけ、沸騰したら、小松菜以外の野菜と、豆腐団子をを入れて煮ます。白だしからは、かつおの香りがふっと匂ってきました。

ビオサポ

使ったお鍋だと、だし汁から具がほんの少し出てしまうので、蓋をして弱めの中火で3分煮ました。

その後、小松菜を入れて、やっぱり蓋をして1分煮ました。

ビオサポ

出来上がった量は、2人分にちょうどいいぐらいの量です。下の写真は、出来たものの半分を盛ったところ。野菜からも水分が出て、スープが多くなっています。

味も、出しがきいていていい感じ。私はいつもかなり薄味なので、ほんの少し塩味を強く感じましたが、でも充分OKな味でした。一緒に食べた人は、おいしい!と大満足。

豆腐団子が、出来合いのものだとどうなのかな?と思っていましたが、柔らかいのに弾力もちょっとだけあって、嫌な味もしなくて、おいしかったです。

これで744円(税別)なので、コスパは良いかなと思います。なにしろ軽く10分以内で、野菜も切らず、お鍋に全部入れるだけで出来てしまうんだから、とっても便利です!

小学生ぐらいだったら、子どもでも簡単に作れますよ。

よりおいしく作るコツは?

ビオサポには作り方を書いた紙が入っているので、その通り作れば、誰でも簡単に出来てしまいます。ただ、お鍋の大きさに気をつけるのが、ちょっとしたコツかもしれません。

野菜の量と入れる水の量(250ml)を考えて、野菜からも水が出るし・・・と、ちょっとだけ大きなお鍋(内側の直径18.5㎝)にしたのですが、もう一回り小さいお鍋(内側の直径16㎝)でも良かったです。

大きすぎる鍋だと、だし汁から具が少し顔を出してしまいます。でもその時は、蓋をして煮れば大丈夫。1回だけ途中で混ぜたりすると、もっといいかもしれません。

また煮る時の火かげんは、弱めの中火か、中火で十分です。あまり火が強いと汁が少なくなってしまいます。

スープを楽しみたいなら、このまま作るのがおすすめ。でももし野菜をもっと食べたいなら、野菜を少しだけ自分でボリュームアップしてもいいかもしれません。でもその時は、野菜を小さく、薄くカットしないと煮る時間がかかってしまうので、ご注意を!

▼生活クラブ生協の詳しい利用方法や加入について
下記のページから、どうぞ。
>> 生活クラブ生協の詳細 (必要料金や送料、メリット・デメリット)
>> 40万人が選ぶ安心食材の宅配生協・生活クラブ【公式HP】