生活クラブ生協の時短ミールセットは、「ビオサポ食材セット」と言いますが、10分とか15分で作れて、急ぐときにはとても便利!ときどき利用しています。

ビオサポ

国産の材料が8割以上で、不必要な添加物は使われていないのが、このセットの特徴。また生活クラブ生協は、遺伝子組み換えやゲノム編集をした食材は取り扱わないので、なるべく安心できるものを食べたい人には、ぴったりです。

今回注文して作ってみたのは「豚バラレタス塩レモン鍋」。調理時間約10分で、家で準備するのは水700mlだけ!自分ではレモン風味の鍋はなかなか作れないので、とても良かったです。

ただひとつ気をつけないといけないのは、ビオサポ食材セットのほとんどは、消費期限が届いた翌日。だから届いた当日か翌日に食べるよう予定しておく必要があります。(でも食事は毎日のことなので、そんなに不便は感じず、セットを利用しています!)

時短調理セット「豚バラレタス塩レモン鍋」の作り方や、味、量、コスパは?

セットに入っているのは、豚バラ肉、レタス、しめじ、ミニトマト、水菜(全て国産)。そして、レモンソース(ヘンな添加物は入っていません)。他に作り方を書いたレシピが入っています。

ビオサポ

豚肉とレタスは、真空パックになっています。なので、レタスもとても新鮮でした

作り方は簡単で、
1.豚バラ肉を一口大に切る。
2.お鍋にレモンソースと水700ml(これだけは自分で用意)を入れて混ぜ、肉と、水菜以外の野菜を入れて火にかける。
3.全体に火が通ったら、水菜を加えてサッと火を通し、火を止める。

3に「全体に火が通ったら」とありますが、レタスとミニトマトは生でも食べられるので、しめじと豚肉に火が通ればOKです。特に、豚肉の火の通りさえ注意していれば大丈夫でしょうか。だから、あまり気を使うこともなく、手早く作れます。

また、「レタスをお鍋に入れるのは、初めて」という人もいるかもしれませんが、レタスのお鍋、とてもおいしいですよ。レタスは、うどんに入れてもおいしいし、チャーハンに入れても美味!サラダしか食べたことがなかったら、このお鍋から、ぜひ試してみてください。

ビオサポ

調理時間は、水菜以外を入れて中火にかけ、沸騰してから豚肉の色が変わるまで約5,6分ぐらい。なのでレシピ通り、ちょうど10分ぐらいで作れました

量は、他にも1,2品ある夕食などだと、2人分にちょうどいい量だと思います。野菜もちゃんと摂れてうれしいです。

豚バラ肉もとても柔らかくて、スジなどなく、おいしかったです。でも豚バラ肉は120g入りで、半分だと1人60g。たくさん食べる人には少し足りないかな。(下は、ひとり分を取り分けたところ)

ビオサポ

味も、ちょうど良い味でした。レモン味の鍋は自分で作ったことがなかったのですが、微かにレモンの風味。やっぱりインスタントのソースなのでほんの少し塩気が濃いかなとも思いましたが(私はかなり薄味の人なので特に)、これぐらいでないときっと美味しくないと思います。初めての味、おいしくいただきました。

安心の食材で、豚肉も国産。パパっと作れて、これで892円(税別)なので、コスパはいいですね。

最後はスープが余り気味になるので、ボリュームアップに、野菜を少し追加するとか、お豆腐をいれたりして煮てもいいかもです。

「レモン鍋」というのもググるとレシピがいろいろあるので、自分でも作ってみたいですが、スープを作ったりレモンを絞ったり、結構手間がかかりそうです。生活クラブ生協で、このセットに入っていたレモンソースを販売してくれるとうれしいな!(笑

よりおいしく、早く作るコツは?

セットにレシピが入っているので、その通りに作れば簡単!でもちょっとしたポイントは、お鍋の大きさです。

「700mlの水」を入れると思うと、大きめの鍋を用意してしまうかもしれませんが、具がスープに浸っているほうが火が通るのも早いので、直径16㎝ぐらいの鍋で大丈夫。深さは必要です。(上の写真の鍋。野菜から少し水がでるので、煮ているとちょうど良くなります。)

豚肉は一口大に切ったら、1枚ずつしっかり離しておいたほうが、早く火がとおります。(塊りで入れると、後が面倒です)

また具を入れる時、全部を適当に鍋に入れてしまうのではなく、上の写真のように、豚肉、レタス、しめじ、そして水菜の場所を分けて入れると、取り分けもきれいにできるし、お鍋のままテーブルに出すときも美しく見えますよ!

▼生活クラブ生協の詳しい利用方法や加入について
下記のページから、どうぞ。
>> 生活クラブ生協の詳細 (必要料金や送料、メリット・デメリット)
>> 40万人が選ぶ安心食材の宅配生協・生活クラブ【公式HP】