ひじき煮というと少し構えてしまいますが、フライパンで作ると、なんだか敷居が低くなります。

一緒に煮るのは、人参と油揚げがあればいいですが、大豆の水煮か、シイタケ(きのこ類)、レンコンなど、どれかひとつでも加えるとより美味しく、栄養的にもプラスになります。

ひじき煮

ごぼう、ちくわ(練りもの)、茹でた枝豆、さやいんげん(細切りにして)、さらには鶏ひき肉などを入れる人もいます。根菜などは、食べやすい小さめに、あるいは薄めに切るのがコツでしょうか。入れる具の量で、少し調味料を多めにしたり適宜判断します。

ここでは、大豆の水煮を加えた作り方レシピを紹介します。もし余ったら、卵焼きにいれたり、ご飯と混ぜておむすびにしたり、いろいろ応用できます。

フライパンは、深めのフライパンがあると作りやすいかもしれません。

◆材料(副菜として4-6人分ぐらい)

・乾燥ひじき 15g
(芽ひじきなど、おすすめ)
・にんじん 1/2本ぐらい
・油揚げ  1~2枚
・大豆の水煮 100gぐらい
・サラダ油  大さじ1

【煮汁】
・だし   200㏄(1カップ)
・砂糖  大さじ1
・酒   大さじ1
・醤油  大さじ1弱
・みりん 大さじ1弱

★だしが無いときは、水200㏄+顆粒だしの素(小さじ1)でも大丈夫です。

◆作り方レシピ

(1)乾燥ひじきを水に15分~30分浸けて戻す。ザルにあげ、水気を切る。
▼ひじきの袋に書いてある戻し方で、戻してください。急ぐときはぬるま湯で。

(2)具材を切る。にんじん・油揚げは短冊切りなどお好みで。
▼薄めに切ったほうが、火が通りやすいです

(3)フライパンに油を熱し、ひじきを入れて炒める。油が回ったら、他の具材を入れて1,2分炒め、煮汁の材料(だし、砂糖、酒、醤油、みりん)を入れ軽く混ぜる。

(4)フライパンに蓋をして、弱い中火か、強めの弱火で煮る。人参に火が通り、汁気が少なくなってきたら火を止める。しばらく置いて味を含ませ、出来上がり。

フライパンでひじき煮