キャベツというと、それだけでは一品にはならず、どうしても肉など他の素材を引き立てたり他の野菜と組み合わせて食べるものというイメージがあったのですが、このキャベツだけのスープを作ってみて、目からウロコ!とてもじんわりとした、滋養あるスープが出来ました。

キャベツスープ5

キャベツをごくわずかの塩で煮るだけ、というこのレシピ。イタリアのおばあちゃんに教わったというイタリア料理のシェフが、あるメルマガで紹介していたものが基本です。プラントベースのメニューで、ベジタリアンやビーガンの人も食べられるスープ。

何度か作ってみて、厳密な分量でなくてもおいしく出来ました。作るなら、キャベツ1/2個以上で、たくさん作ったほうが美味しく出来ます

イタリアではサボイキャベツ(ちりめんキャベツ)を使うようですが、日本の普通のキャベツでもとても美味しくできます!(サボイキャベツは、少し苦みのあるキャベツで、長く煮ると苦みがなくなっていきます。そういうキャベツだからこそ、出来たレシピかもしれません。)

ちなみにサボイキャベツ(ちりめんキャベツ)は、こんなキャベツ(兵庫県産)。

キャベツスープ1

キャベツは、できたら無農薬がいいのですが、もしそうでないなら、日本の農薬は水溶性が多いので調理の前に約10~15分水に浸けておくといいそうです。

◆材料
・キャベツ  1/2個以上(元のレシピでは2/3個)
・水  1リットル~2リットル
(キャベツがひたひたになるぐらい)
・塩(できれば海塩) 水の0.006%~
(例えば、水1600㏄なら約10g、1000㏄なら約6g)
・エキストラバージン・オリーブオイル  適量

◆作り方レシピ

(1)キャベツを細めの千切りにする。

(2)あまり隙間ができないように鍋に入れる。水を計量しながら、キャベツひたひたまで入れる。
▼キャベツは、鍋に入れたら軽く押してあまり隙間のないようにしてください。
▼キャベツからも水がでるので、ひたひたの水で良いです。(キャベツは少し浮くので、下の写真で、ひたひたの水が入っています)

キャロットスープ2

(3)入れた水の0.006%ぐらいの塩を振り入れ、弱火にかけて蓋をし、40分前後煮る。
▼途中で1度ぐらい混ぜる。
▼鍋は、しっかり蓋ができるものを使います。

キャベツスープ3

(4)塩味を好みで調整して、器に盛る。オリーブオイルをかけて、いただく。
▼オリーブオイルはややたっぷりかけたほうが、美味しいです。

キャベツスープ4

◆◆レシピで使う塩は海塩がおすすめ。私は、フランスの海塩「ゲランド」(細粒)を使っています。
>> アマゾンで、ゲランドをチェックする

また、オリーブオイルも、上質なものを使いましょう。いろいろな香りやテイストのものがあり価格も様々ですが、手頃な値段でおいしいなと思っているのが、「サンテラモ」(南イタリア)のエクストラバージンオリーブオイル「ホワイトラベル」。知人のベテラン・シェフもお気に入りです。
>> アマゾンで、サンテラモをチェックする